ベビ待ちさんは体質改善が必要です

赤ちゃんが欲しい!高齢妊活を成功させるには

35歳以上からは「高齢妊活」になります。妊娠体質に変えるためにできること

▼MENU

35歳を過ぎてからでも妊娠できます!

妊娠できないまま35歳を過ぎてしまった・・・と焦っていませんか?
現代は女性が社会で活躍する時代です。
その分、結婚する年齢も上がってきていますので、晩婚化の影響で高齢出産する人もとても増えていますね。
ただ、いざ妊娠したいと思っても、思うようにいかず不妊治療を考える人も多いのが現状です。

しかし、病院での不妊治療には高額のものが多く、治療そのものが精神的なストレスにもなる場合があります。
そのためできれば病院には行きたくない、という気持ちになるかもしれません。

妊娠しにくい原因はいくつか考えられます。
個人差はありますが、思い当たる原因があるならまずその部分を改善していきましょう。
35才を過ぎていても、健康に注意すれば妊娠できます!

例えば、こんな改善が必要です
  • 睡眠の量と質の見直し
  • 食生活を整える
  • 骨盤矯正
  • 婦人科疾患の治療
  • 冷え性の改善

卵子を元気にする方法ってあるの?

33歳を過ぎると、卵子も老化の影響を受けると言われています。
実は健康で丈夫な卵子を作れるかどうかというのは、私たちが子どもの頃にかなりの部分決まってしまいます。
私たちが胎児のうちに、女の子であれば「原始卵胞」が体内に作られているのです。
そしてそれがずっと体内にあるわけです。
そのため、卵子の質には赤ちゃん時代から成長期の間の生活習慣や食事、大気汚染など自然環境の影響が大きいということです。
その時期に卵子に染色体異常が生じてしまうと、大人になってからもそのままであるということが分かっています。
若くても妊娠しにくいという場合がありますが、卵子の質が低下しているということが考えられるのです。

「卵胞チェック」を病院でしてもらうことで自分の卵子の形や異常をある程度知ることが出来ます。
卵子の形がいびつだと、排卵が不安定だったり排卵日が一定でないということが多く見られます。
しかし、少しずつ体質改善に取り組んだ後に、再び卵胞チェックをしてみると、卵子の形がきれいな丸になっていたという事例は多くあります。

ただし、卵子の数はどんどん減っていきます。毎月の排卵から月経の周期で1000個程度が失われると言われています。
閉経の頃にはほとんどなくなっています。
年齢とともに妊娠しにくくなるというのは、この点も関係しています。
でも、40代、50代でも妊娠することは可能です。

今すぐ対策に取り組んでいきましょう。
特に卵巣を元気にすることで、排卵の質を上げるということが重要です。
卵巣を元気にするためには、体に不足している栄養素を上手に摂ること、内臓の冷えの改善に役立つ運動や習慣、体内環境を良くするためのケアなどいろいろなことが関係しています。

以下のうち当てはまるものはありませんか?


体温が低い・または平熱が低い?冷え性、隠れ冷え性のために不妊体質になっている可能性があります。食品や運動、服装などでケアしましょう。

胃腸が弱い?健康を司るのが腸だとも言われます。妊娠に必要な栄養素を吸収できていないかも。腸内環境を整える工夫をしましょう。

睡眠時間が短い? 子宮や卵巣に必要な休息が足りていない可能性があります。疲れは生殖器にダイレクトに影響を与えます。子宮は10時間以上の睡眠を必要とするという研究もあります。

ストレスが多い? ストレスのせいでホルモンバランスが崩れると不妊の一因になります。女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンのバランスを整えなくてはなりません。

子宮筋腫・子宮内膜症がある? 着床しにくかったり排卵障害の原因かもしれません。必ず婦人科で治療を受けましょう。

食べ物の好き嫌いが多い? 妊娠体質に必要な栄養素が摂れていない可能性があります。葉酸や鉄分、亜鉛、ビタミンAなどは足りていますか?


子宮筋腫など婦人科の病気がある場合に気をつけることとは?

「子宮筋腫があると妊娠しにくい」と言われることがあります。
この場合、2つのケースが考えられます。

1つは、子宮筋腫があるために受精卵が着床しにくいケース
これは子宮筋腫が子宮内膜に影響を与える位置にできている場合です。
「粘膜下筋腫」の場合や、「筋層内筋腫」でも子宮の内側にせり出すような大きさになっているときに、着床を妨げる可能性があります。

もう1つは、子宮筋腫のせいで卵巣や卵管が圧迫されているため排卵障害が起きているケース
「しょう膜下筋腫」(子宮の外側にできている筋腫)で巨大になってしまっている場合や、
子宮筋腫のできている位置が卵巣に近い場合などが考えられます。

子宮の大きさは7cm前後と言われています。通常は骨盤内に収まっていますし、子宮の前方には膀胱がありますので手で触れても子宮そのものの出っ張りを感じることはないはずです。
子宮筋腫ができていて4,5cmほどになってくると、手で触れるとゴロンとした違和感があるようになります。
正確な位置とサイズを知るためにも、まずは必ず婦人科の受診を受けましょう。
子宮筋腫が着床障害、排卵障害の一因になっているかどうかは、検査するとすぐにわかります。

医師は手術での切除を勧めることが多いものですが、子宮筋腫が大きくなっていても必ず妊娠に影響が出るというわけではありません。
子宮筋腫のせいだけではなく、骨盤のゆがみや冷えなどが相まって妊娠しにくい体質を作り出していることがほとんどです。
ただし、子宮筋腫があると子宮の冷えが増大する恐れがあります。
これは妊娠しにくい体質と深い関連があります。
子宮筋腫にも他の臓器と同じく血管が通っていて、大量の血液を取り込んでいるため、貧血になりやすくなります。
また筋腫が内臓を圧迫していると血行不良が生じます。
そのために子宮本体に通う温かい血液が足りなくなり、結果的に子宮が冷えてしまうわけです。
体内のことですのでなかなか意識しにくい点ですが、「子宮の冷え」は絶対に改善しなくてはなりません

子宮筋腫や骨盤のゆがみなどに原因する血行不良は、ヨガやピラティスなどの体操・ストレッチで改善することも可能です。
骨格のゆがみを治すこと、適度な運動により新陳代謝と血行を促進することが重要です。

今から妊娠、出産って不安だらけ・・・でもメリットもあります

「高齢妊娠」「高齢出産」って、不安をあおるような情報も多くて心配になりますね。
無事に赤ちゃんが生まれたとしても、育て上げる頃には自分は何歳なんだろう・・・と考えてしまうこともあるかも。
でも今から子育てすることにはメリットもたくさん!
35歳以上ともなると、若いお母さんより精神的にも安定しています。
これまで社会で活躍し、年齢を重ねる分だけ様々な経験をしてきたはず。
その経験を子育てに生かせるというのは、本当に大きなメリットです。

例えば・・・
若いお母さんが子どもをどう叱ったら良いかわからず、ヒステリックに怒鳴るだけ、という光景を目にすることがありませんか?
「わたしならこうするのに」と思ったあなた、そんなあなたに育てられる赤ちゃんは絶対に幸せです。
「自分もああなっちゃうかも」と思う人もいるかもしれませんが、大丈夫!
今は役立つ情報をすぐに調べられる時代ですから、その情報量を生かして賢い妊娠・出産をしましょう。
医師に診てもらうことも必要ですが、頼りきりになるよりも自分でできることを見つけ、体質改善をしていくことが「妊娠体質」に変えるのに大切なことです。
ひとつずつやっていきましょう!


効果的に体質を整えていくためにサプリメントを選びたいなと思ったら、
こちらの記事もどうぞ参考にしてくださいね。→高齢妊娠を成功させるためにおすすめのサプリって?